オリラジ中田流!夢を叶えるためのたった3つの方法

自己啓発マインド

 

オリエンタルラジオ・中田敦彦さんが近畿大学でのスピーチで、

夢を叶える術を語っていました。

それは

 

夢を言うこと・助けを求めること・諦めないこと

の3点です。

 

その詳細と、そこから得たことをまとめます。

(30分程度の動画ですが、3分程度で読めるくらいにまとめました。)

 

この記事を読んで欲しいヒト

・中田敦彦が好き。

・夢を叶えるためのモチベーションを上げたい。

・やりたいことが停滞している。

夢の叶え方①【夢を言うこと】

 

はじめに、中田さんは夢を周りの人に言うことの重要性を説きました。

「J SOUL BROTHERSになりたい。」

中田さんはPERFECT HUMANで大ヒットしましたが、根源にはこのような気持ちがあったそうです。
(もちろんお笑い要素も入っての話ですが。)

そして、それを周りに言い続けることで、たくさんの助けをもらい、

最終的にPERFECT HUMANの大ヒットにこぎつけたと言います。

 

しかし、それは簡単なことではなかったそうです。

 


「夢を言うことは本当に恥ずかしいことだ。」

 

夢を他の人に言うことは非常に恥ずかしいこと。
なぜならまず馬鹿にされるから。

はじめは、

お前なんかができるのか」「夢物語じゃん」などなど言われたそうです。

 

しかし、そもそも夢なんて、そんな叶えられるようなものではありませんよね。

「お前にできるのか」なんて言われて当然といえば当然です。

 

 

だからこそ、周りに何を言われようがそこで折れず、夢を言い続けることが重要なのです

 

周りに夢を言うことで、

自分のモチベーションは高まり、周りの助けや諦めない力につながると思います

 

その周りの助けを求めることについて、詳しく見てみましょう。

 

夢の叶え方②【助けを求めること】

 

夢を叶えるために助けは必要ですが、そう簡単ではないです。

「助けを求めるのは簡単じゃない。」

人は誰しも夢を自分一人で叶えたい、叶えられると思ってしまう。

中田さんはJSOULBROTHERSになりたいと言ったけれど、自分自身で何もできなかった、ただ邪魔者だった。と言っています。

ダンスもできない、歌も歌えない、夢を言っているだけの自分が一番足を引っ張っていると。

 

しかし、夢を発言し続け、真摯にそれに取り組み続けることで、手伝ってくれる人が現れました。

ダンサーの弟には腕利きのダンサーを集めてもらい、相方の藤森さんにも歌を担当してもらっています。

それ以外にもたくさんの助けがあったと思います。

 

それは全て、中田さんが夢を言い続け、それに諦めず取り組み続け、

周りにしっかりと助けを求めることができたためです。

 

夢は一人で叶えるのではなく、また周りに助けを求めることが成功の鍵なのです

 

夢の叶え方③【諦めないこと】

 

諦めないこと。これが最も重要なことです。

「PERFECT HUMANがヒットするまでに5曲滑ってる。」

知らない方も多いかもしれませんが、実はPERFECT HUMANのヒットまでに、

中田さんは5曲出していて、それが全てボツになっていたと言います。

 

どうしたらヒットさせられるか、試行錯誤を続けます。しかし

他の人の声で口パクで歌ってみる→ファンに怒られる。

自分の声を加工してうまく見せる→限度があるしなかなかうまくいかない。

夢を語っているくせにダンスも歌もできない自分が一番邪魔者になる。

 

こんな失敗が日常のようにあって、絶対に壁にぶち当たることはある。と言っています。
そしてその度に絶対に諦めたくなる、と。

 

しかし、失敗を続けても、恥をかいても諦めず、「まだ策はある」
と言って、次の策を常に考え続けたそうです。

 

その諦めない姿勢が、夢を叶える過程には絶対に必要なのです。

 

今の若者が、最強の世代

 

最後に中田さんは「今の若者が最強の世代」と言いました。

なぜなら、今まで前世代が積み上げてきたものを簡単に資産として活用できるからです。

その例として、中田さんが会った高校生を話を締めとして話されていました。

 

その高校生は新しいクラウドファンディングの形を実行したり、ヒッチハイクの効率的なやり方を生み出したり、ちょっとしたアイデアや行動力で自分の人生を変えている素晴らしい高校生でした。

そこから、

あっという間に、たった1つのアイデアや行動力で全てが変わっていく。

そして、君たちはそれらをできる世代だ。」と言っています。

 

それを自覚することは、私たちにとって少しでも夢を叶える一歩を

踏み出す勇気につながるのではないでしょうか。

 

 

終わりに

 

こうしてまとめると、この3つのポイントは相互に干渉しあっていて、

どれも1つが欠けてしまっては行けないことがわかります。

 

また、私がこのスピーチで一番強く感じたのは、
当たり前ですが、夢を簡単に叶えることは難しいというです。

笑われることがあれば、一人でやってやろうと思っても通用せず、諦めそうになることもあると思います。

しかし、夢を叶えるためにはそこでつまずくわけにはいかないのです。

そんなんじゃあ夢は叶えられないんです。

 

だからこそ、僕自身もそれを自覚して夢に向かって進んでいきたいですし、

皆さんにもこれを知ってもらって、夢を叶えるためには生半可ではない努力が
必要であることを知った上で、チャレンジして欲しいと思います。

 

 

以下は実際のスピーチ映像になります。

▼オリラジ中田さんの伝説のスピーチ▼

オリラジ中田 伝説のスピーチ「三代目J SOUL BROTHERSに、僕はなる」~PERFECT HUMAN誕生秘話~近畿大学工学部(広島キャンパス) 令和元年度入学生入学式

コメント

タイトルとURLをコピーしました